top of page
  • tcolours1-tada

     営業会社と工事業者


私たち工事業者の仕事の受け方には3通りの方法があります。


1つ目は「知人や顧客様からの紹介」

2つ目は「同業者他社からの依頼」

3つ目は「営業会社からの依頼」


2と3は似ていますが2は建設関係などの専門業者で3は営業専門の会社です。



すごく簡単に言うとスーパーで魚を買うか商店街で魚屋さんから買うかの違いです


スーパーは大型店舗で毎週のようにチラシを入れてお客さんを集めていますよね?

塗装やリフォームの営業会社がこれにあたります。

全国や県内に数店舗の支店があり営業さんが毎日がんばってお客さんを集めています。

「集客」と「販売」に特化した文字通り「営業する会社です」


私たち工事業者は漁師が釣ってきた魚を直売で売る会社です。

毎日海(現場)で漁(塗装作業)をしているのでなかなかお店の宣伝(営業)ができません

でもその分一軒一軒の現場で作業に集中できるので良い仕事ができます。


私たち工事業者が自分のお店の宣伝ができない代わりにお客さまを集めてくれるのが営業会社です!


担当の営業さんが私たちの代わりにお客さまのご要望をお聞きして工事を手配してくれるので私たちは作業に集中することができます。



ここからは私個人の考えです

値段ありきで工事を契約するのではなく「どうしたら良い工事ができるか?」から考えませんか?


営業会社は契約を取るためにがんばってます!工事業者は良い仕事をするためにがんばってます!

もちろんお客さまからしたら「良いものをより安く!」って考えるのは当たり前です。

言い方を変えると「予算をけずって工事費はかけてね」って事なんですよね(汗)

あまりにも値段ありきで工事するとどこかにヒズミが生まれちゃいます

だからって必要以上な高額な工事はもっとNGです!


値段合戦はやめてもっと本質を大切にしましょうよ!

塗装工事もリフォームもけっして安い買い物ではありません

だからこそ一回工事したら永く持たせたいです

個人的には「屋根塗装なら一世代で2回」「外壁塗装は一世代で一回」だと考えております。年数にして屋根は10~15年外壁なら20年~30年くらいです


良い工事をしてお客さまと一緒に喜びたい!

ホントただそれだけなんですよ!

私は営業会社からでも同業者でも紹介のお客さまでも全部同じ気持ちで作業しています。

「良いものをお客さまに届けたい」

その想いをお客さまが感じられればきっとその会社がお客さまにとって一番だと思います。


値段より熱意

それが業者選びのコツかなって思います。

ネットで色んな事ができる今だからこそ人と人の想いは大切にしたいです







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近の職人さんはオシャレ

私や私の職人仲間は基本現場で作業服に着替えています。 とくにペンキ屋さんは作業服が汚れてしまいますので 作業時以外はキレイな作業着を着るようにしています。 最近はオシャレでスタイリッシュな作業着が増えているので より普段の身だしなみには気をつけるようにしています。 ということでオシャレな作業着が似合うようにダイエットしていかないと! と思っている今日このごろです! またジム通いしないと・・

Comments


bottom of page